手術の内容についての説明 | 薄毛でも悩まないで!自毛植毛で新しい自分に出会いましょう!
menu

手術の内容についての説明

黄色い錠剤

自毛植毛の手術がどのような内容になっているのか、やはり気になりますよね。ここではその流れを説明します。
まずは患者さんの毛根を抜く必要があります。特殊な道具を使って、患者さんの身体から毛根を採取します。メスなどで頭にキズを付けることもないので、そこまで大げさに考える必要もありませんね。
ちなみにこのときにどんな毛質なのかも調べれます。そして、抜き取った毛根は頭皮の薄いところに移植しないといけません。その時に特殊な電動のパンチを使って小さいですがわずかな切り込みを入れていきます。そこに抜き取った毛根を移植するのです。そして医療用のピンセットや空気圧式のプランターを使って毛根を移植します。
これらはもちろん麻酔をしてから、痛みを完全に感じない状態から始めるので心配はしないでください。また、出血も多少あります。これは仕方ありませんね。どうでしょうか、ちょっと怖く感じるかもしれませんが、これらの流れを理解しておくことで手術前の不安も少しは減少するでしょう。
ここで説明した事以外でも、知りたいことがあればクリニックの先生に聞いてみましょう。特殊な道具は使用するのかや痛みを本当にないのかなども先生に聞くと確実といえます。不安はあると思いますが、その先には明るい未来がありますよ。